ダウンタウン浜田の黒塗りメイク問題、英BBC、米NY Timesに報じられる

ダウンタウン浜田の黒塗りメイク問題、英BBC、米NY Timesに報じられる

昨年大晦日に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 2017年 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」でダウンタウン浜田が、ビバリーヒルズ・コップに主演したアフリカ系米国俳優エディ・マーフィに扮して黒塗りメイクにした演出について、「差別」ではないかと各国で報じられています。

報じられるきっかけとみられるのは、日本在住のMattyO氏やBaye McNeil氏のツイッター投稿。

投稿の中でMattyO氏は、「日本は、黒塗りメイクは受け入れ難く差別であることを知らない唯一の国だ」と番組を批判。

また、McNeil氏は、「黒塗りメイクは冗談にならない。笑いが必要ならもっと良い脚本家を呼ぶべきだ。」と番組を批判しました。

特に、McNeil氏がアフリカ系米国人であることから注目が集まった模様です。

BBC放送の報道

4日、英国BBC放送と米国のNew York Times紙が相次いでこの問題を報道。

英国BBC放送は、McNeil氏の投稿を引用する形で、「日本は2020年東京オリンピックの開会式でも黒塗りメイクをしたドゥーワップグループを送り出しかねない」というMcNeil氏の主張を掲載。

更に、同氏の「(日本では)黒塗りメイクは差別ではないと思う。少なくても差別の意図はない。しかし、差別をする意図の有無に関わらず問題であることに変わりはない。」との主張を掲載しています。

一方で、黒塗りメイクの白人が踊りや寸劇を披露する米国のミンストレル・ショーという差別の歴史を知っているのか、このような歴史を演者と視聴者が知らなければ差別ではないのではないかというツイッター上の議論を紹介。

※現在欧米ではミンストレル・ショーや黒塗メイクはタブーとされています。

また、エディ・マーフィに敬意を払って出来るだけ正確に似せたのではないかという主張も紹介しています。

そして最後に、差別的だとされ差し替えが行われた全日空(ANA)の「金髪&付け鼻」CMについて言及しました。

New York Times紙の報道

New York Times紙では、同様にMcNeil氏の投稿を引用。

その上で、日本では黒人差別の歴史はなく、日本の演者が黒塗りメイクするのは米国のそれと同じ文脈ではないという投稿を引用しました。

この引用については、BBCが引用した投稿と同じものが使われています。

一方で、1カ月前から日本に住み始めた米国人の「既に黒塗りメイクをテレビで2回見た」との投稿を紹介。

外国人が日本に対して落胆を示しているとしました。

更に、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の黒塗りメイク問題※を紹介。

この問題でも関わったMcNeil氏の「今この問題に対処しなければ、これからも黒塗りメイクは続いてしまう。」「日本のメディアは、テレビのお笑い番組で外国人を笑いものにする前に、外国人に意見を求めるべきだ」という主張を紹介しています。

※同グループが出演したとされる「ミュージックフェア」(フジテレビ系)の放送では、同グループの出演シーンはカット。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする