米国でテロか、NYでトラックにはねられ8人が死亡、11が負傷

米国でテロか、NYでトラックにはねられ8人が死亡、11が負傷

10月31日水曜日、米国ニューヨークにおいて、トラックがマンハッタンのハドソン川沿いの自転車専用道路に突っ込み、8人が死亡、11人が負傷しました。

トラックは、自転車専用道路を走行して次々と人をはね、地元高校のスクールバスに衝突し、停止しました。その後、運転手はトラックを飛び出し、空気銃やペイント銃を撃ちながら、アッラーフ・アクバルアッラーフは偉大なり)などアラビア語で叫んでいましたが、駆けつけた警察官によって撃たれ、逮捕されました。

目撃者の証言によると、トラックの運転手は銃で武装していましたが、米国では毎年10月31日にハロウィーンが行われていることもあり、スクールバスに衝突後、仮装と思って近づいた通行人もいた模様です。

容疑者の名前は、Sayfullo Saipov(29)。2010年にウズベキスタンから米国に移り住み、グリーンカード及び永住権を持っていました。

犠牲者の氏名等は不明です。現在この事件はテロ事件として捜査が行われています。

現場は、マンハッタンの南に位置するハドソン川沿いの風光明媚な道路です。観光に訪れる人や散歩やジョギングに訪れる地元民が多く、このような人々を無差別に狙った可能性があります。

容疑者が逮捕された現場周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。