長澤・森岡を初招集、本田・香川・岡崎は外れる、サッカー日本代表欧州遠征ブラジル・ベルギー親善試合メンバー発表会見要旨

長澤・森岡が選出、本田・香川・岡崎は外れる、サッカー日本代表欧州遠征ブラジル・ベルギー親善試合メンバー発表

日本サッカー協会は、11月10日・14日に欧州にて開催される日本代表の親善試合ブラジル戦、ベルギー戦のメンバー25人を発表しました。

浦和レッズの長澤和輝(26)、ベルギー・ベベレンの森岡亮太(26)が現体制で初めて招集され、常連であった本田圭佑(31)、香川真司(28)、岡崎慎司(31)が招集外となるサプライズがありました。

以下は、それぞれの選手についてのハリルホジッチ監督の発言です。

長澤和輝選手の選出について

ここ4~5試合、それより前は見ていなかったです。ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の出来は本当に良いと思いました。守備も攻撃も本当に運動量豊富な選手ですね。

守備の役割もしっかりこなしつつ攻撃でも何かをもたらせる数少ない選手だと思います。

本当にギリギリまで見続けて、そして合宿でも様子をみて決めたいと思います。私はある程度パフォーマンス良く連続して試合をし続けてくれれば選びます。そして、あとは彼がチャンスを掴むだけ。A代表に定着するかはまだ分かりません。後は彼次第です。

森岡良太選手の選出について

ベルギーで今年からやってます。長い間彼を知っていましたけれども、そこまで興味を持っていたわけではありません。ベルギーに行ってからですね。気になり始めたのは。パフォーマンスが徐々徐々にに上がってきて私の興味を惹きつけました。そして、ベルギーという国でポジティブな話が出ています。

パフォーマンスは勿論のこと最後のパスそして得点。オフェンス面について評価できると思います。6得点6アシストですね。

私のアシスタントに向こうに1週間滞在してもらって向こうの監督とトレーニング状況とみてきてもらいました。みんな彼のパフォーマンスは嬉しいと言っています。勿論、伸ばすべきとこもあって、特に守備面ですね。デュエルですね。伸ばさないといけないと思います。彼とも何度か話はしているのですけれども、合宿でもそういった話はしたいと思います。日本代表ですね、攻撃だけでなく守備のところも、現代フットボールでは全員で攻撃も守備もしなくてはいけない。

長年日本代表にいた本田・香川・岡崎選手が外された理由は

まずは、他の選手を選んだということです。テストということですね。ただ、(選んだ選手の)パフォーマンスはいいですよね。

今挙がった人たちは前回の合宿ではあまり評価していない。

やはり彼ら自分の本来のパフォーマンスを見つけるべきだと。で、ほかの選手よりも良いパフォーマンスをすれば勿論ここにいます。それぞれともディスカッションしましたし、色んなことも説明しました。これは競争ということです。

こういった変更に慣れていない人もいたでしょう。例えば、長澤を最近みました。A代表でどうなるかという興味が湧きました。ほかの選手も非常にパフォーマンスが高ければここにいますから。

私の一年目の会見でも言いましたが、各自が戦ってA代表の席を勝ち取らなければいけない。

パフォーマンスが良ければ名前は関係ない。

ただ、みんなのことはリスペクトしています。グラウンド上で判断していきます。後は、オーガナイズ、システム、ゲームプランで変わります。それから、戦術的に誰が合うだろうということがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする