乾浩人市議ついに辞職!「ゴキブリ」投稿問題、女性問題など疑惑は尽きず

乾浩人市議ついに辞職!「ゴキブリ」書き込み問題から辞職までの経緯

各紙報道によると、石川県加賀市の乾浩人(いぬいひろと)市議(47)が辞職願を提出し、受理されたとのことです。

今月11日、加賀市議会では、全員一致で乾浩人市議への辞職勧告が決議されていましたが、乾市議は「市議の座を離れない」として残りの任期3年10カ月を全うすることを明言していました。

なお、自民党からは既に除名されています。

市議には、議員報酬とボーナスとして年間711万6,500円、政務活動費が96万円交付されており、返還を行う考えもないとのことで批判が集まっていました。

市議会による辞職勧告による原因となった書き込みと有罪判決

乾市議は今年5月、インターネット掲示板「bakusai.com」の「加賀市の居酒屋」というスレッドに、

ゴキブリ店主がゴキブリ入りの料理を出す店〇〇

消費期限切れを提供しているのは〇〇も同じかな
客の料理にツバを入れるから食えない!

〇〇はやめといた方がいい
店にはネズミの死骸やゴキブリ
店主は酔っ払いでトイレを出て手を洗わない
それで料理作るのだから食えたもんじゃない
ちなみに味も濃いだけでマズイ

などと誹謗中傷の投稿を27回に渡って行っていたとみられます。

現在、乾市議の書き込みとみられるものは削除されています。

乾市議の書き込みは現在削除されている

乾市議の書き込みは現在削除されている

この書き込み後、店の売上が大幅に落ち込み、8月には閉店を余儀なくされたとして、11月22日には店の50代経営者が乾市議を刑事告訴。

結果、乾市議は名誉毀損の罪で略式起訴され、罰金30万円の略式命令を受けています。

乾市議に誹謗中傷を受けた店

乾市議に誹謗中傷を受けた店

この店については以前から業績の不安が囁かれており、最終的には競売にかけられたとの噂もあります。

乾市議の書き込みによって更に業績が悪化、資金繰りに行き詰まり、債権者によって競売にかけられたのではという憶測も聞こえてきます。

なぜこのような誹謗中傷を行ったのか

乾市議は1~2回しか同店には行っていないということで、なぜこのような誹謗中傷に至ったのでしょうか。

理由について乾市議は、私的なトラブルとし、後に女性関係が原因だと語っています。

実際は、乾市議が元経営者の交際相手の女性に言い寄ったことで元経営者が乾市議に抗議。

乾市議は腹いせにネットに誹謗中傷を投稿したとみられています。

乾市議が女性に送ったとみられるLINEメッセージ

乾市議が女性に送ったとみられるLINEメッセージ

なお、乾市議は既婚で子供もいますが、現在離婚を予定しているとのことです。

Facebookは存続

現在も乾市議のFacebookページは継続しています。

中には、不必要に選挙運動員に体を押し付ける姿も・・・。

運動員に体を押し付ける乾市議(同氏Facebookより)

運動員に体を押し付ける乾市議(同氏Facebookより)

シングルマザーの愛人疑惑が報じられるなど乾市議の疑惑は尽きることはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする