アパートから9人の遺体、神奈川県・座間市

アパートから9人の遺体、神奈川県・座間市

神奈川県座間市のアパートの一室から、9人の遺体が発見されました。この部屋には20代男(職業不詳)が住んでおり、警視庁は、死体遺棄の容疑で捜査を行っています。

調べによると、部屋には玄関のクーラーボックスに加え複数のクーラーボックスが置かれており、中には遺体の頭部が入っていたということです。

警視庁は、既に男の身柄を確保しており、取り調べを行っています。男性は31日にも逮捕される予定です。また、発見された遺体についても見ものとの確認をすすめています。

遺体発見までの経緯

東京八王子市に住む23歳女性に1週間ほど前から連絡がつかなくなったことで、家族から捜索願いが出されていました。

女性は、SNSのツイッターで自殺仲間を募るつぶやきをしており、男とは自殺サイトで連絡を取っていたと見られています。

警視庁が捜査を行ったところ、八王子駅の防犯カメラと現場のアパートから近い小田急小田原線の相武台前駅前の防犯カメラに2人の姿が写っていたことから、神奈川県座間市緑ケ丘のアパートが特定された模様です。

アパートの周辺地図

遺体が発見されたアパートは、小田急小田原線の線路に面しており、相武台前駅から座間駅に向かって600mほどのところにあるとされています。

インターネットではアパートを特定する動き

アパートの住人とみられる声も

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする