北朝鮮に不正輸出、朝鮮商工連やエム・クリエイト社に家宅捜索、その背後関係は?

北朝鮮に不正輸出、朝鮮商工連やエム・クリエイト社に家宅捜索、その背後関係は?

14日、朝鮮商工連(在日本朝鮮商工連合会)やエム・クリエイト株式会社などが家宅捜索されました。

容疑は、外為法違反(無承認輸出)。

現在日本政府によって北朝鮮への輸出は全面的に禁止されていますが、朝鮮商工連とエム・クリエイトの関係者数人がシンガポールを経由した北朝鮮への日用品(食料品か?)不正輸出に関与したとのことです。

朝鮮商工連とエム・クリエイト社の関係は?

エム・クリエイトは東京都港区南青山2丁目に本社がある吸殻自動回収装置などの開発・製造を行う会社で、新潟と大阪に営業拠点を持ち、年商は14億円程度ある模様です。

代表取締役は谷内田譲氏。

同社と朝鮮商工連の関係は明らかにされていませんが、事業内容として「貿易による海外取引支援」があることから、朝鮮商工連から仕事を受けて不正輸出を手助けしたのではないかという声があがっています。

また、朝鮮商工連とエム・クリエイトの関係者に個人的なつながりがあったのではないかという声もあります。

捜索のきっかけはマツタケの不正輸入事件

2015年に北朝鮮産のマツタケを不正に輸入し、逮捕された貿易事業者についての捜査を行うなかで、今回の捜索につながる容疑が発見されたということです。

在日本朝鮮商工連合会とは

同会は日本に住む北朝鮮国籍の商工業者が加盟する団体で、朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)傘下の団体です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぶけ より:

    2008年に柏崎で、ひき逃げも起こしてるようですよ。