東レ子会社で検査データ改ざん、13社149件、ネット掲示板で不正が暴露される

東レ子会社で検査データ改ざん、13社149件

28日、子会社の「東レハイブリッドコード株式会社」で顧客に渡す「納入製品の検査成績書に記載のデータ」を不正に書き換えを行っていたと東レが発表しました。また、同日午前、同社の日覺昭広社長は、都内で記者会見を開き謝罪を行いました。

同社の発表によると、データ改ざんが発覚した製品はタイヤコード(タイヤの形状を保持するための補強材)、自動車用ホース・ベルト用コード、抄紙用コード。

2008年4月から2016年7月の間に取り決めた規格内へのデータ書き換えを行った件数は13社・149件にのぼるということです。

規格値ヵらの乖離はごくわずかであり、現在のところ性能及び製品安全上の問題は発生していないとしています。

検査データの改ざんが発覚した製品

タイヤコード 自動車用ホース・ベルト用コード

出典:東レハイブリッドコード株式会社HP

インターネット上の書き込みが発表のきっかけに

記者会見では、今年7月には不正が把握されていたことが明かされました。

日覺社長は、今月まで発表がずれ込んだ理由として、インターネット上の掲示板で書き込みがあったこと、噂よりも先に正確な情報を出すべきだと考えたこと、情報の整理や顧客への説明に時間がかかったことを挙げています。

大手掲示板2ちゃんねるに書き込まれた、不正発覚のきっかけとなったとみられる書き込み

1 金持ち名無しさん、貧乏名無しさん
2017/11/03(金) 11:14:43.68 ID:A2taAcOM

東レのタイヤコード、産業用コードを生産するグループ会社にて
顧客に提出する検査データを改ざんしていた。

顧客と取り決めていた規格値に対して、実際には規格を満たしていないにも関わらず
検査データを改ざんし、規格を満たしているかのように偽り、
顧客へ納入していた。

不正は10年前から行われており、
品質保証部門の管理職が主導して改ざんに関わり
組織的に不正を行っていた。

リコールとなった場合の業績への影響は不明。

【不正】東レも神戸製鋼に続き、検査データ改ざん

株価は急降下

この発表を受け株式市場では、1,123.5円から1,010.5円まで株価が下落。

前場が終了する11時30分には、1,066.5円(前日比-3.44%)まで回復しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. うみ より:

    書き込みは従業員からだよね~今、どの企業も従業員を使い捨てのように扱ってるから内部告発が出てくるんだよな!内の会社もいつ内部告発されてもおかしくないよね!職場を辞める様な事になった時に内部告発が発信されるんだよね!