札幌20大女性刺傷、犯人は12歳の少年

札幌20大女性刺傷、犯人は12歳の少年

札幌市東区の路上で20代女性が刺され全治1~2カ月の大けがを負った事件で、北海道警は26日、札幌市の中学1年の少年(12)を犯人と特定し、同日夜に要保護児童として同市児童相談所に通告しました。

道警の少年課によると、捜査員が現場付近の商業施設で少年に事情を聞いたところ、犯行を認めました。

現場付近のスーパーの防犯カメラに、女性を追う不審者の姿が写っており、少年と服装が似ていたことから発見につながったとのことです。

捜査関係者によると、少年は「人を傷つけたい気持ちがあった」と、女性を刺したことを認めているとのことです。

少年の自宅からは、女性を刺した包丁と同じ製品の包装が押収されています。

児童相談所への通告とは

少年法により、刑事処分の可能年齢は14歳以上と定められており、12歳の少年は刑罰は受けません。

一方で、児童福祉法第二十五条により、罪を犯した少年(要保護児童)については、児童相談所や市町村へ通告する義務が課せられ、本件における児童相談所への通告はこの義務に従ったものとなります。

また、少年法よれば、家庭裁判所に通告する義務も生じますので、当少年は家庭裁判所の保護処分により少年院へ収容される可能性はあります(少年院送致の対象年齢は「おおむね12歳以上」)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする