豪ロックバンドAC/DCのマルコム・ヤング氏死去

豪ロックバンドAC/DCのマルコム・ヤング氏死去

19日、豪ベテランロックバンドのAC/DC(エーシー・ディーシー)の共同創設者であり作曲家のマルコム・ヤング氏が亡くなりました。

マルコム・ヤング氏は1953年に英スコットランドのグラスゴーで生まれ、1963年オーストラリアに移住。1973年に弟のアンガス・ヤング氏とロックバンドのAC/DCを立ち上げました。

同氏はギタリストを努め、「Back In Black」、「Highway to Hell」などの激しいロック曲を作り出し、日本では大きな成功を収めたとは言えないものの、世界中で成功を収め、後進のロックバンドに強い影響を与えたと言われています。

2014年4月、同氏は認知症の治療のためにバンドから離脱し、同年9月に正式に引退を発表しました。

同年に発表されたAC/DCのアルバム「Rock Or Bust」で後任を努めたのは甥であるスティーブ。マルコム・ヤング氏は作曲者としてクレジットされています。

同氏の死去に関して、マルコム・ヤング氏の家族からは以下のような声明が出されています。

とても悲しいことですが、マルコム・ヤングが亡くなったことをお知らせします。彼は、夫、父、祖父として愛されていました。マルコムはここ数年間、認知症に苦しんでおり、家族が見守る中、日曜日に亡くなりました。

Twitter上にはHard Rock/Metal系ミュージシャンから追悼が

Dave Mustaine(メガデス)

マルコムが逝ってしまった。彼の曲は生き続けるが、この悲しみをどう表していいのか分からない。認知症から開放されて天国のボン・スコットと兄弟のジョージに会えるのは不幸中の幸いというべきか。彼には本当に影響を受けたよ。

Keith Urban(AC/DCと同じオーストラリア出身の人気シンガー・ソングライター)

マルコムの死を知ってショックだよ。個人的には生涯最高のリズム・ギタリストだと思う。魂、炎、情熱、凶暴性、重いリフ、永遠のインスピレーションをありがとう、マルコム。

NikkiSixx(モトリー・クルー)

マルコムが亡くなって悲しんでいる。世界で最も偉大なバンドの一つを作っただけじゃなく、俺らがバンドに入るキッカケになる曲を書いてくれた。彼の家族、バンド、ファンにお悔やみ申し上げる。

Duff McKagan(ガンズ・アンド・ローゼズ)

マルコムの家族には本当にお悔やみ申し上げる。マルコムは逝ってしまった。アンガス愛してるよ。

Tony Iommi‏(ブラック・サバス)

お悔やみ申し上げる。素晴らしいギター奏者だった。

Disturbed

言葉がないよ。涙だけだ。

Zakk Wylde(ブラック・レーベル・ソサイアティ、元オジー・オズボーン・バンド)

マルコムに祝福を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする