メルカリ「現金出品」で全国4人を逮捕、出資法違反、京都、秋田、千葉の各都道府県警察

メルカリ「現金出品」で全国4人を逮捕、出資法違反、京都、秋田、千葉の各府県警

16日、メルカリで現金を高金利で貸し付けたとして、千葉県警と京都府警、秋田県警が男2人、女2人を逮捕しました。

千葉県警生活経済課に逮捕されたのは、同県成田市土屋の契約社員、田中啓祐容疑者(33)。

京都府警に逮捕されたのは、奈良県安堵町の林田アリサ容疑者(40)、広島県呉市の田中英樹容疑者(57)。

秋田中央署と県警生活環境課に逮捕されたのは、秋田市御野場新町の小野順子容疑者(60)です。

各府警は共同捜査を行っていました。

容疑は、出資法違反。

容疑者らは、メルカリのアプリを利用し、切手シートなどの商品にみせかけたり、「銀貨」など現金を示す隠語を使うなどして現金を出品する手口で、クレジットカードや「キャリア決済」で金を払わせ、現金を郵送していました。

購入者は代金を後払いにすることで、それまでの間実質的にお金を借りている状態となり、後払いする金額と受け取った現金との差額が利息とみなされました。

この利息の金額が、出資法に定められた、「10万円未満:年利20%まで、10~100万円未満:年18%まで、100万円以上:年15%まで」という範囲を超えたことで出資法違反に問われたとみられます。

この手口で逮捕者が出たのは全国で初めてです。

千葉県警生活経済課によると、田中啓祐容疑者の逮捕容疑は、4人に対して計10回、計25万円を貸し付けて6万2,900円の利息を受けとった疑い。

京都府警によると、林田容疑者の逮捕容疑は、3人に約32万円を貸し付け、約8万円の利息を受け取った疑い。田中容疑者の逮捕容疑は、3人に計44万円を貸し付け、約6万円の利息を受け取った疑いです。

小野寺容疑者についても、同様の手口だったということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする