殺人容疑で無職の男(28)を逮捕、大坂市阿倍野区ベランダ白骨事件

殺人容疑で無職の男(28)を逮捕、大坂市阿倍野区ベランダ白骨事件

先月26日、大阪市阿倍野区昭和町1丁目の7階建てのワンルームマンション2階ベランダから毛布に包まれた白骨死体が発見され、大阪府警が遺体遺棄事件として捜査をおこなっていた事件で、この部屋に住んでいた無職の男(28)が逮捕されました。

容疑は殺人。

大阪府警阿倍野署捜査本部によると、遺体は同市浪速区の女性(20代)とのことで、容疑者の元交際相手とみられます。

阿倍野署によると、容疑者は10月分の家賃滞納を滞納し、連絡が取れなかったことから、26日朝に保証会社の社員が部屋の整理を行った際、ベランダで白骨死体を発見したとのことです。

白骨死体は、死後2年~10年経過し、女性物の衣服と下着が付けられたままとなっていたとのことです。

発見時には、容疑者は行方が分からなくなっており、室内には、

20年に女性に頼まれて首を絞めて殺した。自分も死ぬ。女性と心中しようと思ったが、死にきれなかった

というメモが残されていました。

容疑者は、2010年にマンションに入居。15年に結婚し、同マンションで約一年間同居後、離婚。結婚相手と白骨死体の女性は別人で、同居の間、白骨死体がどこにあったかは明らかになっていません。

大阪市阿倍野区昭和町1丁目周辺地図

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする