神戸製鋼所がデータ改ざんの原因・再発防止策についての報告書を発表

神戸製鋼所がデータ改ざんの原因・再発防止策についての報告書を発表

株式会社神戸製鋼所は10日、「品質問題調査委員会」による調査により明らかになったデータ改ざんの原因と再発防止策に関する報告書を経済産業省に提出しました。

神戸製鋼が発表した「当社グループにおける不適切行為に係る原因究明と再発防止策に関する報告書」によると、以下の5項目が原因として特定されたとしています。

1.収益評価に偏った経営と閉鎖的な組織風土
  • 経営者の工場の問題を把握しようとする姿勢が不足し、過度に現場に権限を移譲していた。
2.バランスを欠いた工場運営
  • 会社に収益貢献しようとするあまり、十分な試作や工程能力の確認を行わずに受注を行っていた。
  • また、営業・製造・開発機能に連携が不足し、それぞれが閉鎖的な組織運営となっていた。
3.不適切行為を招く不十分な品質管理手続き
  • 品質検査部門で検査を行った後、検査値を改ざんすることが可能だった。
  • システムに入力した検査値についても品質保証部門や製造部門で書き換えることが可能だった。
  • 社内規格が厳格過ぎたことから、規格を守らない姿勢が当たり前となっていた。
4.契約に定められた仕様の遵守に対する意識の低下
  • 顧客からクレームを受けなければそれでよく、顧客仕様への適合は二の次という考えがあった。
  • データ改ざんの規模が大きくなり、年間売り上げの数%に達したことから、自己申告ができない状況になっていた。
5.不十分な組織体制
  • 品質管理体制が各事業所で完結しており、品質保証部署の独立性が保たれていなかった。
  • 教育体制が不十分だった。
  • 本社も顧客仕様遵守については考えが及ばなかった。

同社はこの原因を踏まえ、再発防止策として、外部調査委員会による提言を踏まえて施策を作るということです。また、一般社団法人日本鉄鋼連盟による「品質保証体制強化に向けたガイドライン」に沿ったルールを策定し、全事業部門及びグループ会社へ展開を図るとしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする