マンションで猟銃を発砲し立てこもった男が死亡、自殺か – 北九州市

マンションで猟銃を発砲し立てこもった男が死亡、自殺か - 北九州市

8日午前6時10分ごろ、北九州市八幡西区穴生4丁目の9階建てマンションの7階に猟銃を持った住人の男(60代)が立てこもりました。

立てこもりが起きたマンションは、西鉄バス北九州の八幡自動車営業所の向かいに位置する「ホワイトキャッスル穴生」とみられ、一時付近の住民が市立穴生小の体育館に避難する騒ぎとなりましたが、現在は男の死亡が確認されています。

県警によると、男の妻が自宅内で銃声を聞き、倒れた飼い犬と猟銃を持った夫を目撃しました。妻は同じマンションの知人女性宅に逃げ、知人女性が110番通報を行いました。

その後、駆けつけた警察官が立てこもった男に電話で連絡を試みたが男の応答がなく、午後1時40分頃に部屋に突入、頭部から血を流して倒れている男を発見し、死亡を確認しました。

間隔をおかずに2発の銃声があったことから、男は飼い犬を殺害した後、自殺したとみられます。

人質はおらず、怪我をした人もいませんでした。

男は元自衛官で現在は会社員をしていると妻は話しています。また、猟銃の保持には狩猟免許を取得することが必要になりますが、男は免許を持っていたとのことです。

猟銃は、銃砲店で購入することができます。自動散弾銃は5万円程度で購入することができます。

現場周辺の地図

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする