ビン・ラディンのビデオ/ゲームコレクションが明らかに、ファイナル・ファンタジーシリーズも

ビン・ラディンのビデオ/ゲームコレクションが明らかに、ファイナル・ファンタジーシリーズも

CIA(アメリカ合衆国・中央情報局)がオサマ・ビン・ラディンが殺害された際に保持していた物品のリストを公開しました。

それによると、オサマ・ビン・ラディンは、以下のようなDVDを所持していたとのことです。

  • Where in the World Is Osama Bin Laden(ドキュメンタリー、2008年)
  • カーズ(アニメーション、ディズニー、2006年)
  • World’s Most Wanted(ドキュメンタリー、CNN、2006年)
  • バットマン ゴッサムナイト(アニメーション、2008年)
  • Heroes of Tomorrow(アニメーション、マーベル、2008年)
  • Ice Age: Dawn of the Dinosaurs(アニメーション、20th Century Fox、2009年)

また、次のようなテレビ・ゲームも所持してたとのことです。

  • ファイナル・ファンタジー VII(スクエア・エニックス)
  • バイオハザード7 レジデントイーブル(カプコン)

CIAによるこのような発表は、欧米文化を批判する彼の主張の矛盾を印象づけることを目的にしていると見られます。

オサマ・ビン・ラディンは、9.11のテロを主導した罪で、パキスタンでアメリカ軍特殊部隊Navy SEALsによって殺害されました。

その後、オサマ・ビン・ラディンの隠れ家から押収された物品の中に、ポルノ・ビデオがあったのではないかという憶測が米国の複数メディアで流れていました。

イスラム教ではポルノの鑑賞は禁止されています。

今回のCIAの発表では、ポルノ・ビデオが見つかったか否かの発表はありませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする