鼻うがいの方法

鼻うがいの方法

鼻うがいの方法
鼻うがいには3つの方法があります。

 

  1. 鼻の穴から洗浄液を入れて同じ鼻の穴から出す方法
  2. 片方の鼻の穴から洗浄液を入れ、もう片方の鼻の穴から出す方法
  3. 鼻から洗浄液を入れて口から出す方法

です。

 

後者になればなるほど効果は高くなる一方で難易度は増し、子供がやるのは難しくなりますので、単純に鼻腔内の汚れや鼻くそを洗い流したい場合は、1の方法で十分です。

 

ただ、鼻の疾患の原因となっている咽頭を洗浄したいというのでしたら、3の方法となります。

 

3の方法では、鼻に洗浄液を入れて「えー」と声を出すことによって、口から洗浄液を排出させます。ある程度の洗浄液の量がないと口から出すのは難しいので10cc程度は用意して下さい。
これは、実際やってみると分かるのですが、慣れるまでは少々大変です。
私もすぐにはできませんでした。

 

ただ、実際にこの鼻うがいができるようになると、とても鼻の内部がスッキリし、何とも言えない解放感があります。

 

気をつけていただきたいのは、洗浄液を飲み込まないことです。
市販の洗浄液は基本的には食塩水ですので、大きな害はありませんが、無駄に食塩を摂取することはあまり望ましくありません。
このリスクを除けば、とても効果のある方法です。
風邪の予防にもなりますので、是非とも身につけることをお勧めします。

 

3の方法がどうしてもできない場合は、2の方法が良いでしょう。
この方法でもかなり鼻はスッキリします。
私も3の方法ができるようになるまでは、2の方法で鼻うがいを行っていました。
コツは、鼻の奥に洗浄液を溜めるような意識で洗浄液を入れるということです。
洗浄液を吐き出す際は、洗浄液を入れた鼻の穴をふさぎ、もう一方の穴から洗浄液を吐き出すようにすれば、自然に排出できます。